2 0 1 8 . 9 . 1 2

D R O P ! !

LINE登録

ヲトシアナ

1st Full Album
『ヲトシアナ』
2018.9.12 Drop!!

VIDEOS

嘘とカメレオン「ヲトシアナ」全曲ダイジェスト

フェイトンに告ぐ

モームはアトリエにて

N氏について

されど奇術師は賽を振る

RELEASE

嘘とカメレオン、メジャー第一作目がついに産み落とされる!

ヲトシアナ
初回限定盤
ヲトシアナ
通常盤

1st Full Album「ヲトシアナ」

2018年9月12日(水)発売

初回限定盤
KICS-93720 / ¥3,704+税 / CD+Blu-ray /
ヲトシアナスリーブケース仕様
通常盤
KICS-3720 / ¥2,778+税 / CD only /
ヲトシアナジャケット仕様

CD収録内容(新録全12曲/2形態共通)

  • 01百鬼夜行
  • 02フェイトンに告ぐ
  • 03JOHN DOE(連続ドラマJ「極道めし」主題歌)
  • 04手記A
  • 05青玉レンズ
  • 06N氏について
  • 07鳴る鱗
  • 08うみねこの鳴く街で
  • 09テトラポットニューウラシマ
  • 10モームはアトリエにて(アニメ「SNSポリス」オープニング曲)
  • 11されど奇術師は賽を振る
  • 12キンイロノ

Blu-ray(初回限定盤のみ)

  • 「嘘つきが蔓延 閻魔がキツそうツアー」ファイナル (2018.2.3 at 渋谷WWW X) ライブ映像
    • 01N氏について
    • 02終わりの果てのはなし
    • 03ヤミクロ
    • 04輝夜華ぐ夜
    • 05鳴る鱗
    • 06モームはアトリエにて
    • 07うみねこの鳴く街で
    • 08キンイロノ
    • 09JOHN DOE
    • 10Lapis
    • 11されど奇術師は賽を振る
    • 12盤下の詩人
  • 「フェイトンに告ぐ」 Making of Music Video

ショップ特典

1st Full Album「ヲトシアナ」を下記店舗でお買い上げ頂いた方に、先着でオリジナルラバーバンドを差し上げます!メンバープロデュースのオリジナルデザインとなっています!無くなり次第、終了となりますのでご予約・ご購入はお早めに!

※一部取り扱いのない店舗もございます。ご購入前に必ず店舗にご確認ください。

リリース記念イベント

当て振りインストアライブツアー

BANDS

photo by RUI HASHIMOTO (SOUND SHOOTER)

カメレオンとは?

Who is Lie and a Chameleon?

音楽の破壊力だけではなく、視覚的にも存分にインパクトを残せる逸材。

2014年4月1日(エイプリルフール)現体制の嘘とカメレオン誕生。
バンド名の由来は「カメレオンの用に自在に姿を変えながら、女性ボーカルバンドの既成概念を裏切るバンドでありたい」
という思いからチャム(.△)によって命名された。

2016年12月にYouTubeにアップロードした初制作のミュージックビデオ「されど奇術師は賽を振る」がインターネット上で大爆発し、
公開から半年あまりでYouTube再生回数が180万回を突破!
(2018年8月現在で360万回!)
ライブ動員数は前年比の約100倍に。

2017年9月にリリースした全国流通CD『「予想は嘘よ」』が出荷枚数7,500枚を超え、
オリコンインディーズチャート週間5位、
さらにはタワーレコードバイヤーのプッシュアイテム「タワレコメン」に選出され2017年タワレコメンランキング第2位を獲得!

2018年2月3日に渋谷WWWXで開催されたツアーファイナルワンマン当日、
満を持してキングレコードからのメジャーデビューを発表。

メンバーの多種多様なバックボーンから生み出される中毒性の高い楽曲に虜になった“嘘チル”を名乗るファンが急増中!

この夏には「ミリオンロック」「JOIN ALIVE」などの大型フェスへの出演を果たし、
現在は全国ツアー『嘘とカメレオン pre.「ここHOLEヲトシアナTOUR」』を遂行中。
そして9月12日、待ちに待った1st Full Album『ヲトシアナ』のリリースで遂にメジャーフィールドへ!

LIVE&EVENT

嘘とカメレオン pre.「ここHOLEヲトシアナTOUR」

7/27(金) 仙台MACANA

開場18:00 / 開演18:30

w/バックドロップシンデレラ、MOSHIMO

7/29(日) 名古屋SPADEBOX

開場17:00 / 開演 17:30

w/ヒステリックパニック

9/15(土) 高崎club Fleez

開場 17:00 / 開演 17:30

w/ドラマチックアラスカ、Hello Sleepwalkers

9/24(月祝) 大阪バナナホール

開場 17:00 / 開演 17:30

w/魔法少女になり隊

9/30(日) 札幌DUCE

開場 17:00 / 開演 17:30

w/あゆみくりかまき、プルモライト

10/20(土) 福岡Queblick

開場17:00 / 開演 17:30

w/神はサイコロを振らない

10/27(土) 渋谷CLUB QUATTRO

開場 16:30 / 開演 17:30

※ワンマン

チケット情報

嘘とカメレオン pre.「当て振りインストアライブツアー2018」

当て振りライブとは…

事前にライブレコーディングした楽器・歌・MCにタイミングをあわせて全力のパフォーマンスを披露するという、視覚的にも不思議なインパクトを残せる、ライブバンド・嘘とカメレオンならではのオリジナル企画!

内容

当て振りミニライブ(観覧フリー)+CDジャケットサイン会(CD購入者対象)

日程

9/12(水) 19:00〜

タワーレコード渋谷店B1 CUT UP STUDIO

※こちらの会場は爆音当て振りライブです。

9/16(日) 18:00〜

タワーレコード新宿店 7F イベントスペース

9/22(土) 16:00〜

タワーレコード広島店

9/23(日) 14:00〜

大阪マルビル 1F 緑のテラス

9/29(土) 13:00〜

タワーレコード札幌PIVOT店

10/5(金) 18:30〜

タワーレコード梅田NU茶屋町店

10/7(日) 13:00〜

HMV栄イベントスペース

10/8(月祝) 14:00〜

タワーレコード静岡店 イベントスペース

10/13(土) 14:00〜

タワーレコード仙台パルコ店

10/14(日) 14:00〜

タワーレコード グランツリー武蔵小杉店 イベントスペース

10/19(金) 18:30〜

タワーレコード福岡パルコ店

10/21(日) 13:30〜

鹿児島SRホール

※こちらの会場は爆音当て振りライブです。

イベントの参加方法はこちらをご確認ください
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11211/

SPECIAL

Lie and a Chameleon
1st Official Interview

話を訊いたのは1st Full Album『ヲトシアナ』のレコーディングを終えた翌朝。
嘘とカメレオンの第一声を、バンドストーリーのプロローグとしてここに綴る。

「嘘とカメレオン」結成秘話

—バンド結成の経緯を教えてください。

渡辺壮亮(以下渡辺): 漠然と音楽がやりたくて東京に出てきた人たちの寄り合いから始まって、最初に集まったのがチャム(.△)と菅野と僕の3人が友達みたいに集まっていて。チャム(.△)と菅野がバンドをやり始めて、僕は友達として初代・嘘とカメレオンの初ライブも観ていました。そしたら“ギターが足りないから入ってくれない?”と言われて。次に入ったのはアサヒ。その頃は曲もポップで、ロックっぽい激しい曲もなかったんですよ。そういうバンドに合うベーシストがいないなと思った時に、チャム(.△)が。

チャム(.△): そう。サッカー観戦が好きで朝5時くらいにW杯を観ていて、アサヒとLINEでやりとりしていたんです。

渋江アサヒ(以下渋江): 選手が良いシュートを決めた時に“今の良かったね〜”なんてLINEで話していたらその流れで“バンドやらん?”と言われて(笑)

チャム(.△): それまであまり喋ったことなかったんですけど(笑)

渡辺: アサヒは全然ジャンルが違うことをやっていたのでちょっと怖かったんですけど、話してみたら意外と共通の趣味が多くて。戦隊とか特撮ものとかアニメの話だとか。好きなものが多いなら、音楽性は違えど人間的に大きく間違えることはなさそうだなと思って。純粋にバンドにトゲも入れてみたいなと思ってたので、アサヒが入ることで面白い変化が生まれそうだなと。

—渋江さんも、自分がバンドで異彩を放っている実感はありましたか?

渋江: はい。完全に、僕が入ってからがバンドの転換期だと思います。ジャンルとしても。

渡辺: それまでは超ポップで、曲を作っている時にチャム(.△)の声にどうやってトゲのある曲をのせたら良いか分からなくて。そういうジャンルに明るい奴が入ってきたことで整合性がとれてきて“このバンドでこういうことやってもしっかりできるんだな”というのが少しずつ見えてきたんです。

渋江: わりとこの状態(今の音楽ジャンル)になってから嘘カメ(嘘とカメレオンの略称)を知る人が出てきたと思います。

青山拓心(以下青山): 僕も、アサヒが入った状態の嘘カメから知りました。

—最後に加入したのが青山さん?

青山: はい。スタジオに入っていた時にチャム(.△)から電話がかかってきて世間話をされて。最初は“これ、なんの電話だよ!”って思いました(笑)でも何か言いたげではあるし“どしたの?”と聞いたら“ちょっとドラムやってみない?”って。友達として、嘘カメはかっこいいと思っていたので、自分のスキルアップのためにもやってみようかなと思い入りました。

渡辺: 拓心は、ライブハウスでよく会う面白い奴って印象でしたね。

「されど奇術師は賽を振る」の誕生、そしてメジャー進出

初制作のミュージックビデオがYouTubeに公開後、ノンプロモーションにも関わらず半年で驚異の180万回再生を突破すると、嘘カメに魅了されたロックファンが全国各地に続々と出現し始めた。そして、2018年2月3日に開催されたワンマンライブではメジャーデビューを発表。

-バンドの規模が一気に拡大する起爆剤とも言えるこの楽曲が誕生してから変わったことはありますか?

渡辺: 今までいたステージより全然違うところに来ちゃったなという感覚はありました。この曲が収録された『「予想は嘘よ」』が全国流通する前に自主制作でアマチュア盤『予想は嘘よ』を作ってたんですけど、それがレコ発企画イベントの当日に売り切れてしまって。

チャム(.△): 30分で売り切れたよね。

渡辺: 開場してその物販でほぼなくなってしまって。それで“これはちょっと様子が違う”と思いました。

-メジャーフィールドに立つことに対する想いは?

渡辺: 始めは、売れなくてもかっこいいことを一生続けられたらいいなというスタンスでやってたんですけど、メンバーが仲良くて結構長いこと一緒にやっていて、このまま中途半端なやり方で終わりたくないという気持ちが強くなってきて。

菅野悠太(以下菅野): 極論、好きなことをやって生きていきたいという気持ちが強いです。

チャム(.△): 私らが信じてるものはかっこいいと思ってるから、それを見てくれる人はいつかいるだろうなっていう気持ちでしたね。

事故を機に、強まる絆と固まる決意

メジャーデビュー発表後、バンドは怒涛のアルバム制作期間に突入。
だが、3月に起こった不慮の交通事故によりチャム(.△)以外のメンバーが負傷し、ライブ活動や制作活動がストップした。

—活動復帰までの時間はどのように過ごしていましたか?

チャム(.△): レコーディングが始まっていた頃で、いきなり時間ができて。色々なことを考えることで結果的に『ヲトシアナ』が今の自分たちにしか出来ない作品になったと思えるようになりました。それまでに作っていた曲も、壮さん(渡辺)がイチから全部書き直したりして。もう一度、新たな“今の自分たちにしか作れないものを作ろう”と前向きに取り組みました。

渡辺: ライブ復帰する6月まではギターが弾けなかったので、その間は曲作りができなかったんですけど、休んでいる間に作りかけの曲を改めて聴いたら、納得がいかなすぎて。こういう状況になったからこそ、自分が納得いかないものは世に出したくないなと思って作り直して。

青山: それに対する異議はなかったです。結果、大正解だったと思いますし。

渋江: 実動できなかったので周りの状況を眺めることしかできなかったから、正直もどかしさはありました。周りのバンドたちが色々と良いニュースを出したりして…。でも、最終的に事故後に作り直したからできた曲もあるわけだし。チャム(.△)の歌詞も、事故前と後でだいぶ方向性が違うというか、幅が広がったと思います。それは収穫かなと。

渡辺: 僕らを見ることしかできなかった状況だったのが、車に乗っていなかったチャム(.△)なので。だからこそ、怪我している僕らより思うことってめちゃくちゃ多かったと思う。その間に考えていたことが歌詞に出てるなという印象があります。

—チャム(.△)さん自身もその意識はありますか?

チャム(.△): そうですね。自分の価値観とかが、変わってないようで変わった部分があります。

菅野: 僕は他の3人よりは怪我が軽く動けていた方だけど、その中で思うことはいっぱいあって。例えば、本音を話すと、今僕らを想ってくれているお客さんがどれぐらい離れてしまうのだろうとか…そういうリアルなこと。

渡辺: それはついて回るよね。

菅野: そういうのを考えたり…次の作品で、その離れていくお客さんをまた引き戻せるようにしないと、とか。

最新で最強の名刺『ヲトシアナ』

紆余曲折を経て、ついにアルバムが完成。
タイトルは、違和感を生みたいというバンドのスタンスから頭文字は「ヲ」に変換されて『ヲトシアナ』と名付けられた。

—今作で貫いたことはありますか?

渡辺: 僕らは特徴がないのが特徴だし、方向性がないのが方向性というか。バンド名「カメレオン」の由来として“色んな色に変化する、ジャンルレスでいたい”という気持ちが一貫してあって。でも初期の頃は周りに“何がやりたいのかちゃんと決めないとダメだよ”と言われたりして。自分の中ではあるはずなんですけど、周りには見えていなくて。“ジャンルレスと言っても、それって方向性が決まってないだけじゃないの?”と言われ続けていて。

チャム(.△): この作品で、それを体現できたよね。

渡辺: それを、メジャー一発目で“これが俺たちのやり方だ!”ってどうしても出したかった。それがこのアルバムにトータルで込めた想いです。

青山: “嘘とカメレオン”が、ジャンルです。

渡辺: 月並みですけど、そういうことなんですよね。我々嘘とカメレオンが掘った『ヲトシアナ』の坩堝に、文字通り落とし入れたいと思います。

チャム(.△): 完成したアルバムを全曲通して聴いた時、これまでやってきたことに一切の間違いがなかったと思えました。

2018年9月12日、いよいよ1st Full Album『ヲトシアナ』が産み落とされる。
幾度の苦難を乗り越えた5人は、この作品を武器に勇ましく前を進む。

Text by:Megumi Hamura